«前の記事 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 次の記事»
| 01.親父の「ぼやき」 03月18日 12:03 | コメント 11 通 |

- 救援に来てくれた

null
翌日から、ガソリンスタンドに行列がはじまった
もしもの時のようにガソリンを満タンにしておこうというわけだ
3日目に仙台にいる息子から妻の携帯に電話があった。

無事だという。車を運転中に震災にあい、車を止めて高台に逃げて
助かったという。

すぐに帰れといったら、「俺は仙台の復興にがんばるといって」
帰宅を拒否した。気持ちは複雑だけれどうれしかった。
あいつもやはり会津武士の血と志を受け継いでいるのだと思った
まだ小さい頃、飯盛山で話したことを思い出した
人は命を懸けてまもらねばならないものがある。

その意味がわかっていたのだと思う
電話はその頃から少しづつ繋がり始めてきた。
様々な方から電話があった。「空き家があるから非難しておいで」
「何かほしいものはあるか」、その一つ一つがありがたく涙が出た。

WEBの掲示板にも様々な方から励ましの書き込みが続いている。
昨晩、新潟の弦ちゃんから電話があり、
米、野菜、ガソリンを持って駆けつけるという
翌朝本当に弦ちゃんは約束どおり来てくれた。
高速も会津若松と新潟は開通しているらしい
49号線も無事だという。

早速救援品を頂き、帰途に着く弦ちゃんを見送った
うれしさに涙が止まらなかった


| 01.親父の「ぼやき」 03月17日 09:43 | コメント 6 通 |

- その時、(大地震)

nullその日2時30分ごろだったか突然、大きく揺れ始めた
揺れが長く、大きな食器棚を夢中で支えた
その時脳裏を「もうだめかもしれないという不安がよぎる」
地震が収まるとあちこちの部屋であちこちで食器が壊れていた、
幸いにして数枚で済んだのは幸運だった。

余震が続く、次々と悪いニュースが入ってくる
正直精神的にも相当ダメージが来ていた。
夜寝れない、フラフラして立っているのが辛い
翌日医者に行ったら血圧が上昇していた。

この数日間、よく寝ていないような気がする。
その日の夕方、親戚がいわき市から避難してきた。海辺に住んでいたので
周りがほとんど津波に流されてしまったのだという。

着の身着のままで車に乗り逃げてきたという
妻の実家に身を寄せ、私の自宅や会社の寮を仮住まいに提供した
深夜電力を利用してお湯を沸かす風呂がこわれ水漏れしていた

翌日知り合いの大工さんにおねがいして業者を紹介してもらった
風呂はすぐに直った(よかった・・・)
いわきから避難してきた親戚が

「暖かい部屋と風呂に入れることがこんなにありがたいことだとおもわなかった」
涙ぐんだ。

外に出て驚いた、この余震と原発の不安の中でみな
何事もなかったかのように冷静に行動している
あらためて、日本人てなんて素晴らしいんだとおもつくづく思った
道路工事はいつものように続けているし
病院の看護婦さんは冷静に仕事を黙々と続けていた
うろたえた自分が恥ずかしくなった。
どんなことになろうと日本は再びよみがえるそう確信する







| 01.親父の「ぼやき」 03月07日 10:11 | コメント 25 通 |

- 幸せな二人

null
お客様の中には、とても学ばせていただける方たちが
たくさんおられる
この夫婦もそうだ、蒲生氏郷が好きで会津に来るようになり
3年ほど前に私の店においでになった.

それから籠太が好きになってくれて,
年に何度もおいでになるようになった
何回めかの来店のときに、横浜でメンテナンスや清掃を仕事にしていることが
わかりいろいろ教えていただけることになった.

プロの掃除の仕方や洗剤の知識について丁寧に教えてくれる。
このお二人について感心するのは
自分たちの仕事や生き方にとても真摯に向き合っていること
仕事の話や生活の話に慎ましく幸せに生きている姿が見えてくる。

お帰りになる、多くのお客様のお客様の後姿に
一期一会の出会いの縁の不思議さに感謝する

人は何のために生きるのか、幸せって何なのか、
いつもお客様との交流の中でみつめる。

わざわざ数多いお客様が
籠太で飲み食いすることを目的においでになる。
おいでいただいた何時間かのあいだに様々な心の交流を共有する。

ありがたいと思う心だけでは表現できない想いが積もる
仕事に疲れたのでリフレッシュに籠太に行きます。
そんなメールを見ているといつも目が潤んでくる。


| 01.親父の「ぼやき」 02月07日 21:19 | コメント 3 通 |

- 復帰(エアロ)

null

お客さんの中にも俺がジムに通い、エアロをしていると知り
ゲラゲラ笑い出す人もいる。(おかしいかな・・)
あるときに気がついた。体力がないと仕事のレベルは下がるし、持久力もなくなる
どうせ俺も車にたとえれば1970年代に新車だったが、もうレトロに近い
どうしようない中古車だ、大事に手入れをして
長持ちさせて乗らないと・・と、そんな心境だ

エアロ始めてもう3年目になる、最初は恥ずかしかったが
美人のかわいいお姉さんに囲まれて、なかなかいいものだ
週2回から3回のペースなのだが
毎回楽しみにしている。それでも昨年9月末に弟を亡くし
約半年ぐらい休んでいた。

2月のはじめから本格的に復帰して又始めた
年も年だしそんなに激しい運動も出来ないが
それでもエアロをしている男性は70過ぎている人もいる
俺も今年還暦の厄払いをしたがエアロの男仲間では
年齢の先輩が数多くいる。
どうせ年をとるなら健康できれいに年をとりたい
最近そう思うようになってきた




| 01.親父の「ぼやき」 10月29日 18:07 | コメント 5 通 |

- 黒い毒蛇

null
富山のお客様から頂いたスコッチウイスキー
ブラックアダー(日本語に約すと黒い毒蛇)
樽詰め業者がボトリングした名品、58℃のアルコール度数がある
加水しておらずシングルモルトの樽のなかのしろもろはこんな味がするのだと
よくわかる。深いシェリー臭、なんて美味しいのだろう・・

ポルトガルに行ったときに
世界遺産の町、古い王宮がある「シントラ」を訪ねた。
隣にある小さなグラスはそのシントラのお土産やで求めたものだ。

外国に旅に出るとよくお土産屋でこんなグラスが売っている
イタリア、スペイン、トルコ、ポルトガル、行った先々で
日本円で150円から300円ぐらいの小さなグラスを買う
null


夜、仕事を終えて様々な国で求めたグラスにリキュールや
ウイスキーを注ぎ思い出に浸りながら杯を重ねる

*写真提供 *hitatinotono
下の写真は「親父がアイフォーン」で

| 01.親父の「ぼやき」 10月26日 15:18 | コメント 24 通 |

- 紅葉見物

null

我が家の電気工事をお願いしている
佐藤さんから、空から紅葉を見に行きませんかと誘われた。

湯野上温泉の徳ちゃん(渡辺酒食品)にも声をかけたらしく
徳ちゃんが「社長、おれもいく!」という。

月見の宴(先日の晩)の酔いも覚めやらぬままに
出発地の南会津町荒海のヘリ基地まで出かける
null


操縦士は君島さん、ヘリは4人乗り燃料を補給後に
では出かけますと簡単に南会津の空に舞い上がった。

残念ながら快晴とはいかず、曇り空
眼下には南会津の山並みが見える。錦織り成す紅葉が目に飛び込んでくる
しばらくすると川治温泉や湯西川温泉が見えてきた。

| 01.親父の「ぼやき」 08月30日 13:02 | コメント 16 通 |

- 詫びたいこと

null

最近
週末が込み合いお詫びの張り紙を出すことが
多くなってきた」、お客様には誠に申し訳ないと思っている.

ひどいときは数ヶ月前から予約が入り
2週間前にはお部屋もカウンターも満室になることも珍しくない.

毎日平均的に混んでいるのであれば人をそろえてもおけるのですが
平日見えられたお客様が、カウンターでぽつんと飲んでいて
「こんなときもあるんですね・・」言われる事もあるから困ったもの、

だから人をあたら疎かに雇えない。連休や週末は特に危ない
わざわざ来たのには入れなかったとお叱りの言葉を頂くこともある。

この商いをしてて何が一番つらいかというと
「せっかく紹介されてきたのに満員では入れないなんて・・」
といわれるのが誠につらい。

自分たちが来たことさえも忘れるくらい、雑誌やTVが取材に来る
それ自体はありがたいのだが、最近はマスコミの皆様には申し訳ないのですが
取材も選ばさせていただくことにした。

朝から晩まで調理場の中で仕込みや接客でこもりきりのような生活になる
世事に疎くなるとはこのことだと思う。

お客様の満足のためにすべきことは山ほどある
そのための課題が次々と起きてくる。

でも私たちをもっとも励ましてくれるのは
多くの宿代を払いながら籠太で飲みたいと通ってきてくれる
多くのお客様の笑顔を見た時だ。
ありがたいことだとおもう・・


*写真提供 hitatinotono


| 01.親父の「ぼやき」 07月25日 16:33 | コメント 3 通 |

- 選択肢

null

先日、あの居酒屋研究家の太田和彦さんが来店してくれた
何かの取材らしいのだが、飲みながらいろいろメモをしていた。

この店は、どういうわけか有名人がたくさんお客様としていらっしゃるが
私どもからサインを求めたことは一度もない。

でもこの方は別だ、経済効果があまりにも大きく、筆舌に尽くせないほど感謝している
大田さんだけはこちらからお願いしてサインを頂いた。
太田さんのサインはカウンターの隅にところに飾ってある。

その太田さんがカウンターに着くなり「ビールが美味しいね」
といってくれた。また、こんなこともあった、以前音楽関係の集まりで宴会をしてくれたお客様のなかに
部屋で飲んだビールの美味しさが忘れられず、暑い中を駅前から「あのビールが飲みたい」
とおもって歩いてきたと話していた。・・

ビールはサーバーの洗浄とジョッキの洗浄を如何に徹底するかで決まる。
市内に数年前にチェーン店が大挙して出店してきた。みんな「飲み放題」を武器に集客合戦が始まった
あわてた地元の飲食店は右倣えとばかりに飲み放題を始める。

でも俺はどうしてもこの土俵になじめなかった。様々に考えた果てに、
考えがお店の質を高めようという方向に向かった。
今思うにほかに選択肢がなかったのだ。

きれいな環境、安全で美味しい料理、美味しいビール、
厳選されたお酒を愛情をこめて提供してゆこうと願った。

次々と同業者が閉店してゆくなかで、少なくとも10年は生き延びた
大田さんにこう言った。「ほかに選択肢がなかったんです」と・・



| 01.親父の「ぼやき」 06月30日 20:36 | コメント 9 通 |

- 青い絵


籠太の野菜を提供していただいている。
美里町新鶴の友人の農家五十嵐さんの家に
青い抽象画が飾られていた。それから数年して五十嵐さんが籠太にこの絵の作者、
猪熊さんを連れてこられた。同じ年すっかり意気投合してしまった。
それから郡山在住の画家猪熊邸に遊びに行こうと誘われていたが、
なかなかタイミングがうまく行かず延び延びになっていた
ようやく今回訪問が実現した。
絵のことはわからないがこの青い絵は不思議な魅力に満ちている。
訪問した猪熊邸は阿武隈川が流れる河川の近くにあった。
あいにくの雨であったが窓からは初夏の風が川の匂いを運んできていた。
ヨシキリやホトトギスの鳴き声も風に運ばれてくる

奥様は私たちのためにたくさんご馳走を用意してくれていた。
粋のよい鰹の刺身、油揚げと貝割れの和え物
雑穀米のお握り、いずれもとても美味しく、自分でも驚くくらい
食べた。出会いとは不思議なもの
酒に弱い親父はビール数杯でダウン、8時ごろにはロッキングチェアー
に横たわり猫と遊んでいた。
川風が気持ちよく深い眠りに入っていたようだ。


| 01.親父の「ぼやき」 02月07日 18:14 | コメント 5 通 |

- キーホルダ

あひる1
お気に入りのキーホルダーがある。某アメリカ系保険会社が配っている
アヒルの人形なのだが、これがなかなかの優れものでこれで2代目。

以前のアヒルは野球帽をかぶっていたが、今のものは王冠をかぶっている。何が気に入っているかというと
お腹の辺りを押すと、子供の声で音楽が鳴る。

「よーく考えようお金は大事だよ。あふら・・・・。あふら・・」もう何処の保険会社かおわかりでしょう。
この鍵には玄関の鍵がついている。朝門を開けて玄関の鍵を開けるときにこのアヒルのお腹を押してみる。

「よーく考えようお金は大事だよ~」
苦しかった時代、社員に給料を払っても自分のもらう給料がない時代が長い間続いた。

毎朝アヒルのお腹を押しながら、その時代のことを忘れないようにしている

| 01.親父の「ぼやき」 01月30日 14:10 | コメント 2 通 |

- iPhoneデビュー?

aiphone
iPhoneデビュー
友人達(といっても自分の子供のような年齢のやつが多い)にそそのかされて親父もついにiPhoneを買ってしまった。

インターネットに興味をもちアナログ親父が、おそるおそるキボードを叩き始めてはや10年、時代は激しく変化してきた。

情報化社会とはどのようになるのか、不安と興味を抱きながら自分のその激流に飲み込まれていった。

激流の中でいろいろなものを見た、おおくの20世紀のビジネスモデルが瞬く間に消えていったことや、市場環境の激変も見せてもらった

iPhoneが出たときに買いたい衝動を抑えるのに
苦労した。マックのIBooKのOS10を使っていたから抵抗がなかったしアプリケーションも予測が出来てはいた。

しかし手にとってこの小さなマシーンが持つ未来に、たまらない魅力を感じている。

人のコミニティーはどう変化してゆくのか市場環境はどのようにかわるのか、想像しただけでわくわくしてくる。

やっぱり変な親父なのだろうか・・・




| 01.親父の「ぼやき」 12月01日 14:51 | コメント 1 通 |

- 9時まで男

親父2
ブログにお酒のことや、ウイスキーの事などを書いていたり。

又、雑誌や業界誌などから原稿をたのまれて登場したりすると、ある種の現実と異なるイメージが出来上がる。

その誤解の一番大きなものがものが、すごく酒が強いと思われていることだ。

恥ずかしい話だが、俺には「9時まで男」というあだ名がある。一緒に旅行をしたり、OFFの時に友人らと酒飲みをするとたいてい9時ごろには横になって寝ている。

酒を飲みながら熱く語りたいと思っているやつなんか
肩透かしをくったと思うらしく、「もう寝てしまうのかよ~」などとぶうぶう言っている。

もともと酒はあまり強くないらしく。日本酒1合とビール1本が限界値のようだ。

でも考えてみると体を壊すことなく、この年までこの商売でこれたのはあまりお酒が強くないからだったからかもしれない。

昔は酒に酔ってくると体に赤い斑点のような模様が出来るし、背中がかゆくなったりよくしていた。そのくせ、酒に卑しいから始末が悪い

*写真 常陸の殿から拝借



| 01.親父の「ぼやき」 11月29日 14:57 | コメント 1 通 |

- 男の料理

男の料理
昼の仕事にカルチャー教室の先生の仕事がある。つきに数回の講座を持っている。

タイトルも色々、普通の料理教室や郷土料理講座男の料理教室だったり、食べ歩きクラブなんてのもある 。
中高年になると男が退職後、家に引きこもりのようになりなかなか外に出てこないことが多い

親父!もっと自分の人生をエンジョイしろよと叫びたくなる。

男の料理の時は難しい料理はやらない、フライパン1個で出来てしまうようなものがいい。

教える方はプロセスを如何に省略するかで大変なのだがこの考える事が実は仕事に応用できるから楽しい。

ちなみに11月29日日曜日の男の料理教室、メニューは イカのイアタリア風炒め、炊き込みご飯、豚バラと大根の煮物茸の集め汁などだ。

そうそう大根の輪切りサラダなんてのも受けたな、うちに帰ってつくってみるらしく、そのおかげで女房が炊事を「お父さん作ってなどといって」やらなくなったとこぼす人もいた。

俺も男に教える事のある種の快感がある、しょぼくれたか顔してないでチョイ悪親父を目指そうよ、楽しいぞ~




| 01.親父の「ぼやき」 11月27日 12:11 | コメント 1 通 |

- こんな事を思い出した

飯豊連邦
昔の話
昔母親の実家の開拓集落にこんな話が伝わっていた 
戊辰戦争の最中、会津藩は城下の武家屋敷や民家に火を放った。

ある朝、ある男がまだ焼け跡のくすぶるなかで赤ん坊を見つけた。不憫に思った男は赤子を家に連れてかえる

男は妻がいたが子供に恵まれなかったのでわが子を授かったとおもい大切に育てた。少し言葉を覚えるのが遅いのが気になったが子供はすくすくと大きくなった。

でもこの子は少し知恵遅れである事が次第にわかってくるやがて成人をになり、体も大きくなったが困ったことがあった。

性に目覚めたのである、特に春になると「オトウ、俺嫁っこがほしい」と駄々をこねた。

するとするとオトウはいつもこう答えた、「まっていろ。今にあの飯豊山の雪が溶けたら嫁っこもらってやっから」

春が過ぎ夏がくる頃になると、そんな事は言わなくなるのだが翌年も春が来ると同じことを繰り返して言う。

「オトウ、俺嫁っこ欲しい」するとオトウは同じことを言って子供をなだめた。

やがて子供も40をすぎオトウも80を超えていた。春になるとやはり同じことをいい駄々をこねた。万年雪の飯豊連邦は雪が消えることはなかった。

その飯豊連邦に夏雪が消えるようになった、地球温暖化が万年雪を消したのである。

夏、雪のない飯豊連邦を見るたびにこの話を思い出す。
いつ聞いたのかも定かでない・・・



| 01.親父の「ぼやき」 03月05日 11:10 | コメント 3 通 |

- 風の記憶(奥会津の雑木林)

雑木林
雑木林の冬芽が大きくなる頃になると、奥会津の雑木林の記憶がよみがえる。

集落の入り口に置かれた道祖神、歩く人もない旧街道、その小高い山の上に雑木林が広がっていた、下草もなくまだ季節は初春、

雪が溶けた雑木林は冬芽が膨らみかけていた、
日あたりのよい枯葉の上で、青空を流れていく雲を眺めながら、仰向けのなり二人は自分達の夢を話していた。

この幸せが永遠のものと思っていた。それから暫くして二人は別れ二度と会う事はなかった。

雑木林には春の到来を予感させる暖かいさを感じさせる風が吹いていた。

風の記憶に導びかれ、30年ぶりに訪れた雑木林は昔のままであった。青い空流れる雲何もかもが同じまま

手を取り合って微笑んでいる道祖神が長い時間の流れをみつめている。そしてあの風が吹いている。

数年前から始まった風が体の中を吹きぬけていく感覚だけが昔と違う



 
©Kagota. + powered by The Designium.