«前の記事 1 | 2 | 3 | 4 |
| 04.親父の「食い意地紀行」 11月23日 17:54 | コメント 1 通 |

- 新潟居酒屋放浪記・・4・・

tamagoyaki
五泉の夜はふけていつしか辺りは暗くなり、つるちゃんは五泉の飲み屋街に案内してくれた。まずはそこのつるちゃんのひいきの店「杉」に向かう、地味だが年季が入った店の風格があり、中々よさげな匂いがする。

昔は店内のヒューズが飛ぶほど繁盛したという、店内に入るとまだ時間が早いせいか、誰も居なくカウンターの中央部に座る。

店員のおばちゃんに「あれ?マスターは居ないのか・・」と聞くと「まだ来てない」と言う。ビールを注文して店内を眺めてみる、中々面白い味のある店である事に気づく。

まずメニューやPOPの字体がいい、美味しさをそそる字とでも言うのか、これがなかなかうまそうな字なのだ。おもわず笑ってしまうような愛嬌ある表現がなんともいい。「まずたまごやき」というのがあり、どんなものかと興味がわき注文してみる、

出てきてみると何のことはないただの出し巻きなのだが、これがでかくて美味い。次に注文した、牛蒡のから揚げなどというのもなかなかのもので、これまた美味しい。

そのあと五泉の地酒菅名岳の原酒を注文する。その前後に〆針鶴の月を飲んだような気がする。そのうちいなせなマスターが現れた。つるちゃんがここのマスターのキャラは最高といってた意味がわかった。俺はこの人に比べると暗いなと正直思った。

いいな~あんなマスターは。そのうちに混んできたので俺たちは「杉」を後にして2件目に向かう。(つづく・・)


| 04.親父の「食い意地紀行」 11月23日 17:12 | コメント 1 通 |

- 新潟居酒屋放浪記・・3・・

きぬおとめ
名刹をあとにしてその後つるチャンは、籠太にいつもお土産に持ってくる美味しい水の汲み場所に案内してくれた。そこは白山のお隣の山、管名岳と言う高山の山麓にあった。

きけば村松の酒、越後杜氏もここの伏流水だという、水汲み場のあたりは、休日という事もあるのかペットボトルをダンボールに詰めて汲めるだけ汲んで行こうという人でいっぱいだった。

つるちゃんはそこから百メートルくらい離れた源泉に案内してくれた。ここの水は本当に美味しいと思う。いつもつるちゃんに「おみやげはここの水だけでいいよ」といっている。いつだったか、この水で炊いたご飯は感動的な美味しさだった。

辺りに夕闇が迫り、今回の目的のひとつであるお菓子の調査もかねて、五泉市内の菓子屋を数件案内させてもらった。昨年「会津」の本の執筆の中で会津藩時代のお菓子 を再現して写真に取り発表したが、半分以上はすでに会津で無くなっており、どのようなものなのかも皆目見当がつかなくなっている。

ところがその痕跡が新潟周辺残っているという話を新潟の短大の先生から聞いていた。(この話は後で又書きます)それを確認したかったのだ。

又、この地域はきぬおとめという、でかいサトイモの産地である。今回は時間が無くて会えなかったが、この生産者につるちゃんの知り合いにいるというのだ。先回お土産にいただいたサトイモはとても美味しかった。(つづく・・)


| 04.親父の「食い意地紀行」 11月20日 20:51 | コメント(0) |

- 新潟居酒屋放浪記・・2・・

慈光寺
・・・すばらしき名刹・・・
次に向かったのが新潟の名峰「白山」に麓にある慈光寺、曹洞宗新潟修行堂4家寺のひとつだ。

この辺りは郷人とが古くから銀杏を植えて、それが秋黄金色に色づくことから「黄金の郷」と呼ばれている。この参道がまたいい、寺に近づくにつれ沢沿いに杉の巨木が植えられ、そのあちこちに古い石仏が散在する。何とも俺好み・・。

この参道の奥に慈光寺の山門が見えてきた。禅宗の修行道場の様式をきちんと残した、すばらしいお寺だ。あたりは杉の木立に囲まれて薄暗く、あいにくの雨。しかし何という威厳の有るお寺だろう・・

何だかはじめて来たような気がしない感覚、不思議な懐かしさを感じる。(俺、前世は坊さんだったんだろうか・・)
僧堂の蝋燭の光のなかに浮かび上がる本尊、雪深いこの地でかって多くの修行僧がこの禅堂の中に座った姿を想い描く。

ほどなくこの寺を後にして参道入り口近くに有る茶店で、蕎麦を食べる。この蕎麦が又なかなかの味であった。(つづく・・)


| 04.親父の「食い意地紀行」 11月20日 08:52 | コメント 1 通 |

- 新潟居酒屋放浪記・・1・・

中野邸
・・・五泉の夜はふけて・・・
新潟のつるちゃんから、中野邸の紅葉がきれいだから見に来ないかと電話があり、家内と相談、行くことになった。ところが店を閉じて車のガソリンを入れに出かけようとしたら、エンジンがかからない。(大変だ!いまさら断れないどうしよう・・)

家内は軽のバンでは腰が痛くなるからいきたくないという、何とかなるさてな調子で、翌朝親父はスズキの軽バンで高速に乗り勇ましく一路新潟を目指した。

磐越道は通行量も少なく、次々とのろのろ走る軽バンを後続車が追い越してゆく、安田インターで下車、五泉市を目指す、落ち合い場所の牡丹園で待ち合わせ、ほどなく年期の入ったワゴン車に載ってつるちゃんが現れた。

お土産の沖縄泡盛と馬刺しの燻製を渡し、車を宿泊するホテルに置いて「年期の入ったワゴン車」に乗る鶴ちゃんの案内で中野邸へむかう。もみじがきれいな中野邸はものすごい人であった。新潟の石油王の豪邸は、その広大な敷地にもみじがたくさん植えられている。

本当にきれいだ。おそらくこの時期が一番賑やかなのだろう。それにしても見学者ですごい人出だ。道路は渋滞、そういえば家内と以前ここのコレクションの陶磁器を見に来た事がある。中野邸の庭を眺めながら、もみじがはらはらと散る様子をつるちゃんと眺めていた。

そのあと中野邸を後にして前にある物産館を見学、お菓子などの買い物をし、そのあと近くにある美味しいラーメンをめざす。川沿いに有る「蔵」を改造して店舗にしたなかなかいい店だ。新潟のラーメンは細めのちじれ麺、煮干味のだしがとてもいい。(つづく・・)


 
©Kagota. + powered by The Designium.