| 04.親父の「食い意地紀行」 02月14日 18:42 |

- 食い意地紀行(小高町編)

シホンケーキ他
友人の山ちゃんが近所のショットバーで年代物のスコッチについて話し始めると、「フフフ・・あっ、それ俺んちにあるよ」と何気なく言う。

俺はそれを聞かされるたびに「ちくしょ・・・あの野郎どれくらい持っているんだ」といつも悔しい思いをしていた。

いつだったか今度お前のうちに行くから飲ませろと言ってみた。すると山ちゃんはおいでよ・・とこれも何気なくいうではないか・・

かくして2月のあるお店の休みの日、俺はオニューの車(ホンダ)に乗り南相馬市小高町に向かった。車にはカーナビが付いている(あんまりいじり方が良くわからない)

途中郡山で買い物を終えて、暫く行かないでいた三春町のカフェー「碧い月」でコーヒーとケーキを頂く予定、朝営業を確認してからカーナビに電話番号を入力。ところが相手の番号がNTTではなかったらしくナビのかわいい声のお姉さんいい加減な場所に案内する。

おかげで迷ってしまった。記憶が正しければ2年ぶり、以前前は新緑の頃だったような気がする。お店で早速コーヒーとケーキを注文する。

デザート

座った場所が南向きの日当たりのいい席でとても気持ちがいい、 この日最初に出てきたのが、お手製のプリンとココアシホンケーキーと木の実のクッキー・・何だかとてもやさしい味がする。コーヒーを頂いた後で少し物足りなくなり次にたのんだのがアップルシナモンティー

ママと雑談の後、これから小高町までスコッチをのみに行くのだといったら、ママが出してきたのがグレンフイデックの陶器ボトル、友人から頂いたものだという。

ノースランドのマスターの話だと、昔空港の免税店などで売られていたお土産用のボトルだという。飲んでみたかったけれど、ママが大切にしているようなので匂いだけを嗅がして貰った。

ボトルのの蓋をあけ鼻を近づけると、かすかにカラメル臭がする。この匂いだと甘味を感じるかもしれないなどと想像しながら「碧い月」を後にした


トラックバック

Trackback URL

コメント(5)

[ 2008-02-14 20:53 ] 小高のBAR FLY wrote:
食い意地紀行始まりましたね・・・!
いつも楽しみにしています・・。

でもね、真ちゃん。今は小高区なのよ ('-^*)ok

[ 2008-02-14 21:36 ] 古城研究会事務局長 wrote:
南相馬市の小高地区(町)にいったのなら、まさか小高城はいってきたのでしょうな? 

[ 2008-02-15 22:36 ] 碧い月 wrote:
おやじ様、先日はご来店ありがとうございました。
あのぉ、「蒼い月」じゃないです。
「碧い月」です。
それから、ママと呼ばないでくだ〜い。

[ 2017-07-28 18:12 ] How do you get rid of Achilles tendoniti wrote:
Great post. I will be dealing with some of these issues
as well..

[ 2017-07-29 00:02 ] Where are the femur tibia and fibula? wrote:
This is a very good tip particularly to those new to the blogosphere.

Brief but very precise info… Appreciate your sharing this one.
A must read article!

コメントを書き込む

:

:
:



 (1)アルファベットは大文字・小文字の区別はありません
 (2)必ず半角で入力して下さい
 (3)読みにくい場合再読み込みで次の文字列に変わります

海外からの広告自動投稿防止のためご協力をお願い致します。