| 02.親父と「出会い」 09月16日 20:34 |

- お土産

null

多くの県外からおいでになるお客様のなかには
お土産を持ってきていただくお客様も多い,
ほとんどがお酒かお菓子、鼻を明かしてやろうと珍しいものをお土産に頂く
そんななかで出会った酒がほとんどだ。
お客様から教えてもらうことのほうが多い

なかなか入手が困難なものなどがあるとどうして手に入れたのかとか
こんなにしてまでと、どうお礼をしてよいか困惑するときもある。

そのためというわけでもないが梅酒を瓶に詰めておき、
お礼に差し上げる。今日はそのお土産用の
梅酒を瓶詰めにした、ラベルは女将の手書き、

あの店に又行きたい、あの店で美味しい料理を食べてみたい
遠くからでもわざわざおいでになる
お店、そんな店になりたいと長い間願っていたが

少しは近づけたのかもしれない
わざわざ宿代を払いおいでになるお客様の満足のためにも
お店のクオリティーは重要だ。きれいで快適な空間、しかし
調理場もお店も私の心と同じで
後から後から汚れてくる・・


トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。