| 05.お薦め連載「季を食らう」 03月04日 12:39 |

- 淡雪豆腐

null
美しいを会津を料理に描きたい
と願いいつもメニューを考えることがある
最近これはいい名と思うのがこの一品

「淡雪豆腐」あわゆきと読むか、うすゆきとよむか
まよったがやはり淡雪が食べ物のにはいいとおもった。
作り方はこうな具合

①大根おろしを作り水分をよく切り山芋のすり卸と
同割りくらい混ぜる
②豆腐を4等分して鍋に入れお湯を張り温める。
その際ホンワリ温まるくらいがいいぐらぐら煮ない
③天露を別鍋に温めておき、豆腐が温まったら
うつわにもりさきの山芋大根おろしをたっぷりかけて
天露を張り天に青菜を添えれば出来上がり

どうです。雪解けの頃にふさわしい一品でしょう。
藤原家隆卿の春の和歌など想い浮かれれば
もうこれで完結ですな・・・
「花のみまつらんひとに みせばや 山里の雪間の春を」
本当の春は山里の雪間に顔をだしたふきのとうのようなものなのかもしれない
そんな感じかな・・




トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。