おかみの花日記

大かめ

| 2005-12-24 17:35:23 | トラックバック(0) | コメント 20 通 |
おおがめ
大甕
籠太の玄関を飾るこの大甕(おおかめ)
季節の花を活けてお客様をお迎えしてくれる。春先は山桜の花、新緑の枝、夏は虎の尾すすき、など様々なものを活ける。

籠太の玄関で季節の移ろいを演出し,持て成しの心を表現する大切な道具です。驚くかもしれないが、実はこの大かめ、危険物の日に拾ったものだ。世の中には自分に必要なければどんなものでも捨てる人がいる。

最初、間柔のところから塩が噴出していたところを見ると、味噌や漬物などの保存に使用していたものだとおもう。

おもえば様々なものを主人は拾って来る。この甕の下敷きの四角い漆塗りの板も実は拾ったもの、おまけに私たちは人がうらやむくらいのもらい上手、高価でとても買えないような、様々な道具が使われたいとばかりによってくる。


タイワンホトトギス

| 2005-12-05 10:49:16 | トラックバック(0) | コメント 1 通 |
タイワンホトトギス

お店が居酒屋に変身してもう9ヶ月、ようやくお店の形が落ち着いてきた。数日前初雪が降りはじめ、うっすらと城下も雪化粧。

こんなに寒いのに、毎年最後まで、お店の門の路地に咲いているのがこのタイワンホトトギス。雪の中で凍えそうに咲いている。以前の花日記にも書かせてもらったが、原産地が台湾という、この花のどこにそんな生命力があるのか不思議な気がする。

雪が降っても最後まで咲き続ける名残の花。一時は増えすぎて困り果ててずいぶん間引きをしたりした。しかし2。3年、この路地の個体数が減り始めてきた。その事が気になる、雪が解けたら、別の場所に移植して増やしてみようかと思う・・