おかみの花日記

流し雛

| 2001-02-15 16:51 | トラックバック(0) |
奥会津、三島町にいつ頃から在るのかはさだかでないが、不思議な流し雛の風習があります。
それも高清水地区だけある不思議な風習です、この山里の村人は3月3日の日に、紙で自分の家にいる女性の数だけお雛様をつくり災厄をその雛に託して翌日のあさそれを川に流す、村人の言い伝えによると紙雛は流れ流れて紀州の淡島神社までながれてゆき、災厄を移されたお雛様はこの島で浄化するというのである。
奥会津の山里にはこのような美しい伝説や伝統がいきずいている。今年も、この春まだ遅い山里に流し雛の季節が巡ってきます。
詳しくは下記まで

三島町商工会 TEL 0241-52-2430
URL http://kpc.kyoritsu.co.jp/Okuaizu-no-shoku/

奥会津書房 TEL 0241-52-3580

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。