おかみの花日記

ヒオウギ

| 2006-07-30 08:16 | トラックバック(0) |
ひおうぎ
自宅の前に住んでいるお茶の先生のお宅からヒオウギの苗をいただいたのは数年前。

頂く時に「花が咲くまで数年かかりますよ」といわれて、毎年大きくなるヒオウギの花苗を大切に見守ってきた。

ところが様々な事情で、昨年から近所の友人に畑を貸すことになった。気がついたら、あれほど大切にしていたヒオウギの苗が消えていた。

どうやら何も事情を話さなかったので雑草と間違えて引き抜かれてしまったようだ。お店の移転や新規開店、それに家庭の事情もあり、とても畑や庭を管理できなかったので、見かねた友人は親切に手入れや周囲の清掃までしてくれた。

感謝こそすれ、とても話す気にはなれない。この花は大好きなのだけれど、どういう訳か一度もお部屋に飾った事がない。

花や葉の形から「桧扇」名づけられたと言われていますが、言いえて妙。名づけたいにしえの人に喝采を送りたいものです。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。