おかみの花日記

しょうじょうばかま

| 2003-04-21 17:26 | トラックバック(0) |
春一番の雪解けの頃に雑木林の中にこの花は咲き始める。このしょうじょうは少女のことだと思っていたらとんでもなかった。しょうじょうは猩々(大酒飲み)であると花に詳しい友人に教えられた。少女ではなかった。思わぬ勘違いに呆然として、雑木林の中、日溜まりの中に咲く花に向き合ってみる。でも私にはこの花から大酒のみが連想できない。花の名前にはこのような思いこみや勘違いも多い。近頃は向き合う人の考え方次第、それはそれでいいと思えるようになってきた。無粋な名付け人の想いに振り回されるより、死ぬまで勘違いのままでいた方が幸せなことだってあるような気がする。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。