おかみの花日記

猪苗代湖の鴨

| 2003-11-01 17:32 | トラックバック(0) |
冬になると毎年、猪苗代湖には白鳥のほかに多くの鴨の類が飛来する。ほしはじろ、きんくろはじろ、おなががもなどどちらかといえば海にいる鴨の仲間です。白鳥のわたりだけが注目されがちですが、猪苗代湖にはその十数倍の鴨が来ているといわれています。この時期毎年のように白鳥を見にゆきますが、最近気になることがあります。それらの鴨が最近人間に異常接近してくることです。ここ数年まるで鴨に警戒心がなくなってしまった。自然の鴨が餌を求めてあひるのように足下にまで近づいてくる姿は異常さを感じます。餌を与えることが大きな原因でしょうがこの不自然な姿はどうしたものでしょう。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。