おかみの花日記

朴の葉

| 2003-12-01 17:33 | トラックバック(0) |
秋も終わりを迎え、里山の雑木林に霜が降りる頃、雑木林に枯れ落ちた朴の葉を集めます。料理に使用するので、穴のあいてない物を捜すのがなかなか大変。場所によっては虫に食われ、使い物にならない物ばかりが落ちている。集めるにもコツがあり霜が降りた日に集めるのが破れなくていい。こんな日は肌寒く、時折雑木林にさしてくる木漏れ日が何よりもうれしい。拾い集めた朴の葉は、海水より濃い塩水につけておき、一週間ぐらいしたら桶から出して洗濯物干しさをにぶらさげて乾燥させる。乾燥してから新聞紙に挟み重石をして平らにのして保存します。契約栽培農家からネギの青みをいただいて葱味噌をつくり、会津地鶏と茸や秋の野菜をのせて朴葉やきのできあがりです。ふくまんや姉妹店籠太で晩秋の頃に提供します。おいしいですよ・・

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。