おかみの花日記

こづゆ

| 2003-12-31 17:33 | トラックバック(0) |
この料理は会津の正月に欠かせない。新年の準備を終え、お店を閉じて帰宅してから、我が家ではこのこづゆをつくる。よけいな物がなくても、こづゆがあれば正月は済んでしまう。このような煮る料理は、鎌倉末期に禅僧により日本にもたらせたという。この料理も、もともとは精進料理なのでしょう。僧はかって文化の伝道者の役割もになっていました。いつしかそれが、武家社会の礼式の中に取り込まれ、やがては庶民のなかにも普及してきました。似たような料理は全国にある、でも会津のように、大切に継承されてきたかと云うとどうもそうでもないらしい。これからも会津では大切に受け継がれてゆく事でしょう。


こづゆのつくりかた
・里芋、人参は皮をむき厚めのいちょうに切っておきます。
きくらげは水で戻しておきます。
・きくらげは水で戻して千切っておきます、
糸こんにゃくは3センチぐらいに切っておきます
・上記の材料をまとめて鍋にまぜいれて、水をひたひたに張り火にかけ下湯でして、湯汁を捨てますます(火加減はひと煮立ち、里芋が柔らかくなったらいいです)
・貝柱は前の晩から砂糖少々を摘み入れた水に入れて戻し手おきます
(戻し汁は捨てないで出し汁と共に使用します、砂糖は甘味を感じない程度)
・下湯でした先の根菜類と材料と合わせ別鍋移してお出汁をはり火をかけます
(貝柱の戻し汁も忘れずに)
・煮立ってきたら、お酒、しょうゆ、塩少々で薄味に味をつけます
・提供する時にみつ葉、戻したまめ麩を加えて提供します
*我が家では大量につくり少しづつ温めて食べます。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。